コラム

vol. 002

漢方薬について

 漢の時代までに完成した中国の医学が日本へ伝えられ、その生活習慣に合わせて日本で発展したものが現代の漢方医学です。
 漢方薬は病気の治療に使われ、原材料は自然界の植物の根茎、樹皮、果実、種子、また鉱物や動物由来のものなどの薬効のある部分を一定の割合で複数組み合わせて作られています。また使用される原材料は“生薬”と呼ばれています。
生薬というと少し身構えてしまいますが、例えば(みかんの皮=陳皮)、(シナモン=桂皮)など呼称が違うだけで実は普段接しているものが多くありとても身近な親しみのあるものが多くあります。
というのも漢方は昔からの身近な知恵の蓄積をベースとして長い年月をかけて複雑な配合が考えられ、現代の漢方医学へと進化してきたものなのです。
皆さんのご家庭にも生薬原料として扱われている品が眠っているのではないでしょうか。
 現代では東洋の漢方薬は医薬品としても認められており、病院でも処方される、薬としてなりたっています。
最後とはなりますが、漢方薬には主に自然由来の生薬を原材料にしていますので副作用がないと思われがちですが、稀に重い副作用をおこす場合もありますので、分量に注意したり、医師や薬剤師に相談して服用するなど十分に注意し服用することをお薦めします。